やすひろの旬なニュース情報局

芸能、映画、スポーツ等旬な情報をお届けします!!

齋藤飛鳥(乃木坂46)の身長、体重等経歴、出身中学校、高校はどこ?

スポンサーリンク

f:id:yasuhiro1038:20170117173612j:plain

出典:https://geinou-news.jp/

乃木坂46齋藤飛鳥(さいとうあすか)さんといえば、2016年7月に発売された乃木坂46の15thシングル『裸足でSummer』で、最年少でセンターに抜擢され、一躍脚光を浴びました。

また、女性ファッション誌『sweet』のレギュラーモデルとしても大活躍しており、最も注目されているアイドルの1人です。

齋藤飛鳥さんは、乃木坂46の妹的存在で、アイドル界最小と言われるほどの小顔の持ち主で、天使のような可愛いルックスにもかかわらず、ツンデレキャラというギャップが魅力の18歳の高校3年生です。

そんな乃木坂46齋藤飛鳥さんが、2017年1月14日(土)から放送されている『タウンワーク』のCMシリーズ「雪国」編で、ダウンタウン松本人志(まつもとひとし)さんと共演しています。

このCMの中で、齋藤飛鳥さんは、同い年の俳優の中川大志(なかがわたいし)さんに「好き」と告白する女の子役で出演しており、乃木坂46ファンからは、悲鳴が上がりそうなシチュエーションとなっています。

乃木坂46齋藤飛鳥さんと中川大志さんの関係については、次の記事で詳しくまとめていますので、もし興味があれば、読んでいただけるとうれしいです。

yasuhiro-syun-news.hatenablog.jp

また、齋藤飛鳥さんは、乃木坂46では8人目となり、自身初のソロ写真集『潮騒』(幻冬舎)を、2017年1月25日(水)に発売する予定です。

yasuhiro-syun-news.hatenablog.jp

この記事では、乃木坂46齋藤飛鳥さんがどんな人なのかを、身長、体重等経歴、出身中学校、高校はどこなのかをご紹介することによって、明らかにしていきたいと思います。


齋藤飛鳥(乃木坂46)の身長、体重等経歴は?

名前:齋藤飛鳥(さいとうあすか)

本名:齋藤飛鳥(さいとうあすか)

愛称・ニックネーム・あだ名:あしゅ、あしゅりん、あすか、あすかりん等

生年月日:1998年8月10日(現在18歳)

出身地:東京都

身長:154cm(追記:その後、公式プロフィールが更新され、2017年5月現在、158cm

体重:40kg代前半(推定)

血液型:O型

星座:しし座

趣味:読書(哲学、心理学系、小説:貫井徳郎(ぬくいとくろう)『乱反射』、遠藤周作(えんどうしゅうさく)『沈黙』等、ドラム、スマホ向けアプリゲーム『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル

特技:ドナルドダックのものまね

資格:語彙・読解力検定3級

好きな食べ物:おかゆ、ヨーグルト、コーヒー、ゆで卵等

嫌いな食べ物:火を通さない海鮮類

所属事務所:乃木坂46合同会社


齋藤飛鳥(乃木坂46)は、ミャンマー人の母親と日本人の父親のハーフ!?名前の由来とは?

乃木坂46齋藤飛鳥さんは東京都出身で、後でご紹介しますが、葛飾区の中学校出身と言われていることから、葛飾区に実家がある可能性があります。

日本人の父親ミャンマー人の母親の間に生まれたことから、齋藤飛鳥さんはハーフなんです。

現在もそうですが、乃木坂46が結成されたときから、純日本人に見えましたから、齋藤飛鳥さんがミャンマー人とのハーフということを知らない方も多いかもしれません。

2016年8月21日に放送されたテレビ東京系列『乃木坂工事中』において、乃木坂46の15thシングル『裸足のSummer』のヒット祈願キャンペーンとして、新センターの齋藤飛鳥さんが、「齋藤飛鳥の1人でヒット祈願inミャンマー」という企画で、母親の母国・ミャンマーを訪れました。

その時、サプライズで、親戚である齋藤飛鳥さんの母親のお姉さん、妹さん、妹さんの旦那さんが、空港に来てくれて、この日18歳となった齋藤飛鳥さんの誕生日を祝ってくれました。

齋藤飛鳥さんは、自分がミャンマー人の血を引いていることを実感した様子でした。

「飛鳥」という名の名付け親は、日本人の父親で、由来は、兄2人の名に「鳥」という字が入っているからだそうです。


齋藤飛鳥乃木坂46が結成され、最年少メンバーとして芸能界デビューするも、主にアンダーメンバーとして活動

齋藤飛鳥さんは、中学1年生だった2011年8月21日に、乃木坂46の1期生メンバーオーディションにおいて、38,934人の中から選ばれて、晴れて乃木坂46の最年少メンバーとして、芸能界デビューしました。

乃木坂46結成直後の齋藤飛鳥さんの写真がこちらです。

 

f:id:yasuhiro1038:20170117173655j:plain

出典:http://nogizaka46taimuzu.blog.jp/

乃木坂46は、翌2012年2月22日にデビューすることが決まり、齋藤飛鳥さんは見事に選抜メンバーに選ばれ、1stシングル『ぐるぐるカーテン』で歌手デビューを果たします。

しかし、齋藤飛鳥さんは、乃木坂46の2ndシングル『おいでシャンプー』以降、10thシングルまでのほとんど(4th、7thシングルは選抜メンバー、1st~10thシングルのうち、3作で選抜入り)をアンダーメンバーとして過ごし、決して目立った存在ではありませんでした。

スポンサーリンク

?

齋藤飛鳥(乃木坂46)、女性ファッション誌『CUTiE』の専属モデルへの抜擢をきっかけに、大きく飛躍した2015年

乃木坂46齋藤飛鳥さんが、大きく飛躍を遂げたのは、2015年のことでした。

2015年1月に発売された女性ファッション誌『CUTiE』2月号(宝島社)で初めて単独表紙を飾ると、同年2月、同誌では1989年の創刊以来初の専属モデルに抜擢されたのです。

すると、2015年3月18日にリリースされた乃木坂46の11thシングル『命は美しい』で、7thシングル以来、4作ぶりに選抜メンバーに選ばれました。

さらに、同年7月21日、世界的ファッションブランド『ANNA SUIアナスイ)』の2015年秋冬のアジア圏ビジュアルモデルに、乃木坂46のメンバーである北野日奈子さん、斉藤優里さんとともに、抜擢されたことが発表されました。

翌7月22日にリリースされた乃木坂46の12thシングル『太陽ノック』では、齋藤飛鳥さんにとっては初めて、2作連続で選抜メンバーに選ばれました。

しかし、その直後の7月31日、専属モデルを務めていた『CUTiE』が、9月号を最後に休刊することが発表され、齋藤飛鳥さんは同誌の専属モデルを卒業することが発表されました。

これには齋藤飛鳥推しのファンは、大きなショックを受けましたが、同時に、齋藤飛鳥さんが女性ファッション誌『sweet』のレギュラーモデルとなることが発表され、齋藤飛鳥推しのファンは、歓喜しました。

『sweet』は、20代後半向けの女性ファッション誌ですが、当時16歳だった齋藤飛鳥さんは、同誌の最年少レギュラーモデルになったのです。

そして、同年10月28日に発売された乃木坂46の13thシングル『今、話したい誰かがいる』では、モデルとしての活躍が評価されたのか、デビュー以来初めて、十福神入りを果たしました。

2011年8月、乃木坂46の1期生メンバーとして、13歳でデビューして以来、なかなか選抜メンバーにも入れませんでしたが、5年目の2015年は、17歳になった齋藤飛鳥さんにとって、大きく成長を遂げた年になりました。


齋藤飛鳥(乃木坂46)、乃木坂46の15thシングル『裸足のSummer』で、ついにセンターへ!!

2016年も乃木坂46齋藤飛鳥さんの快進撃はとどまることを知らず、更なる進化を遂げることになります。

2016年3月23日発売の乃木坂46の14thシングル『ハルジオンが咲く頃』で、2作連続で十福神に選ばれると、同年4月2日からスタートするFMラジオ局 J-WAVEのラジオ番組『POP OF THE WORLD』の1コーナー「HARRY'S ENGLISH CLASS」にナビゲーターとして、レギュラー出演することが決まりました。

この番組は、メインナビゲーターのハリー杉山さんが英語の先生役を務め、生徒である齋藤飛鳥さんが英語を学んでいくという番組で、J-WAVEナビゲーターを女性アイドルグループのメンバーが務めるのは初めてのことで、17歳のJ-WAVEナビゲーターは史上最年少という快挙でした。

私もよくこの番組を聴いていますが、齋藤飛鳥さんは、意外と英語を上手くしゃべれますし、リスニングもなかなかのものだと思います。

乃木坂46の14thシングル『ハルジオンが咲く頃』のセンターを務めたのは、2016年6月に卒業することが決まっていた深川麻衣(ふかがわまい)さんだったので、乃木坂46の15thシングルのセンターが変わることは決まっていたことから、誰がセンターになるのかが注目されていました。

そして、2016年7月27日にリリースされた乃木坂46の15thシングル『裸足でSummer』のセンターとして発表されたのが、乃木坂46の1期生最年少メンバーである齋藤飛鳥さんだったのです。

この結果に、乃木坂46のファンの多くは驚きましたが、最も信じられない思いでいたのは、齋藤飛鳥さん本人だったようです。

ただ、乃木坂46の一部のファンの間では、2015年以降の齋藤飛鳥さんの活躍ぶりから、もしかしたら、新センターに抜擢されるのではないかと予想していた人もいたようです。

こうして15thシングルにして、乃木坂46のセンターに駆け上った齋藤飛鳥さんは、2016年7月3日に放送されたテレビ朝日系ドラマ『少女のみる夢』で、乃木坂46の選抜メンバー・星野みなみさんと共にダブル主演を務め、ドラマ初出演にして、初主演を果たしました。

ちなみに、齋藤飛鳥さんと星野みなみさんの次世代エースと呼ばれるコンビは、「あしゅみな」の愛称で親しまれています。


齋藤飛鳥(乃木坂46)は、乃木坂46の16thシングル『サヨナラの意味』でセンター陥落も、将来を担う次世代エース候補

2016年11月9日に発売された乃木坂46の16thシングル『サヨナラの意味』の新センターになったのは、橋本奈々未(はしもとななみ)さんで、その後、乃木坂46を卒業し、芸能界かも引退することを発表し、乃木坂46ファンからは、悲鳴が上がりました。

一方、齋藤飛鳥さんは十一福神には入りながらも、センターから2列目に後退してしまいました。

ただ、乃木坂46の「次世代エース」と言われている齋藤飛鳥さんは、15thシングル『裸足でSummer』でセンターを務めたことで、一気に知名度を上げ、乃木坂46の中でもトップクラスの人気を誇るメンバーとなりました。

また、2015年2月に、女性ファッション誌『CUTiE』の専属モデルに抜擢されて以来、その後は女性ファッション誌『sweet』のレギュラーモデルとして、若い女性を中心に高い人気を得ています。

2011年8月21日に、乃木坂46が結成された時、13歳の中学1年生の最年少メンバーだった齋藤飛鳥さんですが、可愛かったものの、あの頃はまだあどけない子供だったと思います。

それから約5年半が経過し、現在18歳になった齋藤飛鳥さんですが、アイドルとしても、モデルとしても、いろいろなことを経験し、成長するにつれて、あどけなさ、もともとの可愛らしさに、大人っぽさが加わって、顔つきなど雰囲気が大きく変わり、ドキッとするくらいの美少女になりました。

ネット上では、一部で「4000年に1人の美少女」とも呼ばれている齋藤飛鳥さんは、これから先も乃木坂46を引っ張っていく存在になるに違いありません。

スポンサーリンク

?

齋藤飛鳥(乃木坂46)の出身中学校、高校はどこ?

乃木坂46齋藤飛鳥さんは、13歳の中学1年生の時に、乃木坂46のメンバーとしてアイドル活動を始めて、現在18歳の高校3年生ですから、中学校、高校とアイドル活動と学業を両立してきたことになります。

そんな齋藤飛鳥さんも、2017年3月で高校を卒業します。

乃木坂46結成当時の無邪気で、可愛かった齋藤飛鳥さんが、高校を卒業するなんて、乃木坂46のファンとしては、感慨深いものがあります。

そこで、気になるのが、齋藤飛鳥さんの出身中学校と現在通っている高校はどこかということですよね。

ここでは、乃木坂46齋藤飛鳥さんの出身中学校と現在通っていて、卒業する予定の高校はどこかについて、迫ってみたいと思います。

齋藤飛鳥さんは、乃木坂46としてデビュー以来、自身のブログや雑誌のインタビューなどで、出身中学校や通っている高校について、言及したことはないようです。


齋藤飛鳥(乃木坂46)の出身中学校は?

まず、出身中学校ですが、齋藤飛鳥さんは東京都出身であることから、東京都内の小学校であることがわかります。

次に、齋藤飛鳥さんの出身中学校が、東京都内のどこかということについて、調べてみたところ、葛飾区立双葉中学校だという情報がいくつか見つかりました。

したがって、乃木坂46齋藤飛鳥さんの出身中学校は、葛飾区立双葉中学校と推定されます。


齋藤飛鳥(乃木坂46)が通っている高校は?

乃木坂46齋藤飛鳥さんは、18歳の現役高校3年生で、アイドル活動と並行して、高校にも通っているはずですが、齋藤飛鳥さんの口から、通っている高校について、語られたことはないようです。

そこで、齋藤飛鳥さんが通っている高校について、調べてみましたが、有力な情報はありませんでした。

このように芸能人の出身高校が不明な時、芸能人御用達の高校として推定されるのが、芸能コースのある堀越高校(中野区)と日出高校(目黒区)です。

したがって、齋藤飛鳥さんが通っていて、卒業予定の高校は、堀越高校か、日出高校と推定されます。

また、齋藤飛鳥さんが通っている高校のことにまったく触れないことから、齋藤飛鳥さんは高校には通っていないのではないかという見方や、高校1年生の時に中退したという情報もありましたが、これらの見方や情報が事実であるという根拠はないため、定かではありません。


まとめ

この記事では、乃木坂46齋藤飛鳥さんがどんな人なのかを、身長、体重等経歴、出身中学校、高校はどこなのかをご紹介することによって、明らかにしてきました。

乃木坂46齋藤飛鳥さんの経歴として、ミャンマー人と日本人のハーフであることや名前の由来、乃木坂46の最年少メンバーとしてデビュー以来、アンダーメンバーから選抜メンバー、センターへの坂を駆け上がった軌跡をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

乃木坂46齋藤飛鳥さんについて、詳しく語るには、まだまだこの記事では不十分なのですが、できるだけ簡潔にご紹介させていただきました。

齋藤飛鳥さんについては、また別の記事でご紹介させていただきますので、少々お待ちいただけると幸いです。

齋藤飛鳥さんは、乃木坂46の1期生の中では最年少メンバーですが、2期生には、1歳下に渡辺みり愛(わたなべみりあ)さんがいますし、3期生12名のうち、10名が齋藤飛鳥さんより年下メンバーです。

乃木坂46においては、最年長の深川麻衣さんが卒業し、2017年2月には、橋本奈々未さんが卒業する一方、3期生が入ってきたことによって、大幅に若返りが図られました。

このような状況の中で、乃木坂46の「次世代エース」候補の筆頭である齋藤飛鳥さんにかかる期待は大きくなるばかりです。

乃木坂46齋藤飛鳥さんも、2017年3月には高校を卒業します。

乃木坂46は、16thシングル『サヨナラの意味』の出荷枚数が初めて100万枚を突破し、初ミリオンを達成しましたが、姉妹グループ・欅坂46の成長速度は非常に速く、AKB48に次ぐライバルグループになる可能性もあり、浮かれてはいられません。

そんな乃木坂46を引っ張っていく存在となってほしいのが、モデル、女優としても活躍し、乃木坂46センター経験者の齋藤飛鳥さんなのです。

乃木坂46齋藤飛鳥さんには、今後更なるご活躍を期待しています。

 

関連記事

yasuhiro-syun-news.hatenablog.jp

yasuhiro-syun-news.hatenablog.jp

yasuhiro-syun-news.hatenablog.jp

yasuhiro-syun-news.hatenablog.jp

yasuhiro-syun-news.hatenablog.jp